断ちきれない絆 南雲明彦発言集

カバー,帯.

カバーは箔押しです.当初は「発言集」ではなく「語録」というタイトルになっていましたが,それに見合うような格調の高さを付与するために,箔押しをさせていただきました.村田金箔の金No.37.

別丁トビラ.

本文は,右ページに言葉,左ページに解説という構成になっています.

2011.10発行.四六判・並製.小菅宏=著.宝島社刊.
読字障害[ディスレクシア]という学習障害がある南雲明彦さんの言葉を,著者である小菅宏さんが解説しています.
ディスレクシアは耳慣れない言葉ですが,知能の発達には問題がないものの文字認識に障害があり,そのせいで学校の授業についていけないということが起きます.
障害の認知度が低いため,南雲さんは長い間障害であることに気がつかず,大変に辛い時期を過ごしてきたようです.
本書は障害を広く認知してもらうための活動でもあります.
巻末には小菅さんによるドラマ脚本も載っており,南雲さんの抱えていた「ふつう」とは何か,という苦悩が赤裸々に表現されています.